芸能人の歯はなぜきれいなの

「芸能人の歯って、白いし歯並びもキレイ…どんなお手入れをしているんだろう?」「やっぱりみんな子供の頃に矯正していたのかな?それとも生まれつき?」そんな風に思ったことはありませんか。いい歯磨き粉を使っているのだろうか、驚くほど高額なケアをしているのでは…など、あれこれ疑問はあるでしょう 実は、芸能人のような歯を手に入れるのはそう難しいことではありません。その裏には秘密があるのです。審美歯科ではごく当たり前にできることなんですよ。

整ったキレイな歯並びにするには?

歯列矯正以外にも方法があります。気になる箇所の歯を少し削って、陶器でできたセラミッククラウンという被せ物で整えるのです。天然の歯を削らなければいけないのは難点ですが、矯正のように時間をかけることなく、短期間で歯並びをキレイにすることができます。芸能人は美しい歯並びを手に入れるため、この方法を使っていたのです。

白い歯にするには?

笑顔からこぼれる白い歯を手に入れるためには、もちろんケアが必要です。まずは、定期的に歯科医を受診して、歯のクリーニングを行うことから始めましょう。
ホワイトニングは、最近かなり一般的になってきました。歯の表面にジェルを塗ってから特殊な光を当てて白くする方法です。効果は1~2年ですから、年に一度くらい定期的に通って白さをキープしている芸能人が多いのです。
それから、歯の表面を薄く削ってセラミックのシェル(陶器の付け爪のようなもの)を装着したり、歯並びを整えるときにも使用するセラミッククラウンをかぶせる方法もあります。もとの歯の色に関係なく好きな白さが選べますし、長持ちするのも魅力。元野球選手のような真っ白な歯も、この方法でプロデュースされたわけです。

芸能人の歯がキレイな秘密、お分かりいただけましたか?よほどのセレブでないと、あるいは相当の覚悟や根気がないとできないものではありません。もちろん多少の費用はかかりますが、思った以上に手軽に、そして短期間で歯に自信が持てるのです。あなたも輝く歯と笑顔を手に入れられますよ。

矯正についても知りたい!

矯正は自分の歯でできるのがいいですね。2~3年かかるので根気が必要ですが、やはりこちらをおすすめします。ただ、装置が見えるのが格好悪い、痛みが出るのが嫌、費用が用意できない、とにかく早くキレイにしたいという方も多いです。その場合には気になるところだけ部分矯正することもできます。半年~一年で済むケースもあるのです。装置が見えないように歯の裏側につける方法もありますが、費用と治療期間は普通の矯正の1.5倍になると考えたほうがよいでしょう。

 

 

ホワイトニング

歯の美白と言われるホワイトニングっていったいどんなものがあるのでしょうか?

歯の美白には、自分でできるものから本当に専門家でなくてはできない歯を削るものまであります。

ホワイトニングというものは歯を白くする行為全般をいいいます。

ですから、歯の美白といっても自分でできる歯磨きペーストから家庭用のマニュキュアのようなものです。歯科でしかできない歯のクリーニング、ブリーチングなど、さらには専門職でしかできないラミネートべニアや差し歯など歯を削ってするものまで幅広くあります。

歯の美白ホワイトニングでどれが一番いい、とは一言では言えません。自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

歯の美白ホワイトニングを選ぶポイントは自分の歯の色の原因であるたばこのヤニや茶渋を除去してほしい場合や、加齢ででてくる黄ばみを落としたい場合などもう歯のクリーニングではどうにもならない場合はホワイトニングも専門家に任せるのが一番。。

普段から毎日ケアしていくと黄ばみや表面の汚れは取れる場合があります。なのでわざわざ歯の美白を意識しなくてもいいのです。

個人的には家庭用のホワイトニング、歯の美白剤はあまりお勧めしません。

歯はちょっとしたことでもトラブルになりやすい場所です。いくら安全のものがあるとはいえそれは使ってみてから大変なことになることもあります。

そしてホワイトニングができるといっても限界があるので、もし本当に歯の美白をしたい、ホワイトニングを知りたいと思うのであれば自分に合ったホワイトニングを歯科に相談するのが一番いいのです。

インプラントとホワイトニング

最高の技術と言われてるインプラントですが、実際にホワイトニングはできるものなのでしょうか?

インプラント自体が人工の歯になっています。しかもかなりの高性能で衰えにくいのです。なので一度インプラントで歯を入れてしまうとその後のケアがよっぽどおかしくなければかなり長持ちします。

さらにインプラントでは材料を白いものにしてしまえば歯を白く変えることができます。そのことからインプラントでホワイトニングできると勘違いしてしまう人が多くいるのかもしれません。

インプラントは歯そのものに入れ替えてしまうことなので黄ばみのある歯をすべて変えることができます。

しかし実際にはホワイトニングの為のインプラントはありません。

インプラントをしたことにより歯が白くなったというだけの話なのです。しかもインプラントでした人工の歯はホワイトニングでは白くはならないのでインプラントとホワイトニングは別なものだと認識してほしいです。

ホワイトニングを本格的に考える人は、他の方法を使ってホワイトニングしていく方が効果的です。

歯の黄ばみを取る方法

黄ばみはものすごく気になります。

たばこを吸ってる人は歯が黄ばみというより茶色に近い色になってる場合が多いです。また、紅茶やコーヒーも歯に黄ばみを付着させてしまいます。

黄ばみをとるのには一番はやはり歯のクリーニングでしょう。

こんなことで歯科に行くなんて馬鹿げてると思う人もいるかもしれませんが歯の黄ばみがとれる事はとても生活の中で大きな事になるでしょう。

今はヤニ取り用の歯磨き粉などもあり歯磨き粉で歯の黄ばみがとれますが研磨剤の粒子が大きいので歯の表面を削ってしまう恐れがあります。

ホワイトニングやハニックDCなど上からかぶせたり、歯の黄ばみを漂白する方法もあります。

歯の黄ばみをとるのに一番確実なのは歯のクリーニングに歯科に行くことです。

PMTCほど大げさなものではありませんが、歯科によって違うようですがだいたい保険適用で2000円くらいで簡単にできそうです。

さらにそこから毎日歯のケアをしていく事で黄ばみがつきにくい歯に変わっていきます。

さらには、重層で歯を磨くと白くなるという人もいます。手身近なもので毎日歯のケアをすると黄ばみが取れてくるので便利です。

他にもホームケアというホワイトニングもありますが、意外に効果を感じない人の方が多いようです。

個人差があるのでなんともいえないのですが、歯の治療も兼ねて歯のクリーニングはいかがですか。

たばこは一番の口の細菌を増やす原因になります。

たばこを吸ってる時点で歯のクリーニングとは切り離せないようになってくるのではないでしょうか。

白い歯には憧れます

白い歯って憧れます。以前芸能人は歯が命というCMが流行ったように歯が白いというだけでとても印象が違うということがよくわかります。

以前は歯磨きである程度よくなった場合もありますが、それだけでは満足いかないでもっときれいにという欲がでてきたのか、とても色々な方法で白い歯にしようというのが増えて来たように思います。

歯の黄ばみを取る方法で代表的なのは歯の漂白をすることです。歯の漂白の際に必要な成分は過酸化水素や過酸化尿素です。

漂白と聞くとハイターできれいにする過激な薬剤を思い出しますが、そうでなくて安全でかつ歯の明度を高くして白い歯にするということです。これには3~5回の通院が必要になってきます。

一番手っ取り早く白い歯になるのは、上から塗る歯のマニュキュアなどが多く、これは自分で上から白く塗って白い歯にできるというものです。自分でできるし、特に大きなお金もかからないのが人気のようです。

そのほかに削ってプレートをはるものなどたくさんありますが、一番は歯の健康です。歯が健康になっていればある程度白い歯でぜんぜん周りの印象が違います。

無理に白い歯にしなくてもオーラルケアを心がけようとするだけでだんだんと変わってきます。あとは無添加の歯磨き粉などで毎日磨いていると白い歯になったということもあります。

あまり白い歯にこだわらず、自分の歯がどんな状態かきちんと見極めて、その上で白い歯にしちゃいましょう!!!

ページランク表示