歯の黄ばみを取る方法

黄ばみはものすごく気になります。

たばこを吸ってる人は歯が黄ばみというより茶色に近い色になってる場合が多いです。また、紅茶やコーヒーも歯に黄ばみを付着させてしまいます。

黄ばみをとるのには一番はやはり歯のクリーニングでしょう。

こんなことで歯科に行くなんて馬鹿げてると思う人もいるかもしれませんが歯の黄ばみがとれる事はとても生活の中で大きな事になるでしょう。

今はヤニ取り用の歯磨き粉などもあり歯磨き粉で歯の黄ばみがとれますが研磨剤の粒子が大きいので歯の表面を削ってしまう恐れがあります。

ホワイトニングやハニックDCなど上からかぶせたり、歯の黄ばみを漂白する方法もあります。

歯の黄ばみをとるのに一番確実なのは歯のクリーニングに歯科に行くことです。

PMTCほど大げさなものではありませんが、歯科によって違うようですがだいたい保険適用で2000円くらいで簡単にできそうです。

さらにそこから毎日歯のケアをしていく事で黄ばみがつきにくい歯に変わっていきます。

さらには、重層で歯を磨くと白くなるという人もいます。手身近なもので毎日歯のケアをすると黄ばみが取れてくるので便利です。

他にもホームケアというホワイトニングもありますが、意外に効果を感じない人の方が多いようです。

個人差があるのでなんともいえないのですが、歯の治療も兼ねて歯のクリーニングはいかがですか。

たばこは一番の口の細菌を増やす原因になります。

たばこを吸ってる時点で歯のクリーニングとは切り離せないようになってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です