ホワイトニング

歯の美白と言われるホワイトニングっていったいどんなものがあるのでしょうか?

歯の美白には、自分でできるものから本当に専門家でなくてはできない歯を削るものまであります。

ホワイトニングというものは歯を白くする行為全般をいいいます。

ですから、歯の美白といっても自分でできる歯磨きペーストから家庭用のマニュキュアのようなものです。歯科でしかできない歯のクリーニング、ブリーチングなど、さらには専門職でしかできないラミネートべニアや差し歯など歯を削ってするものまで幅広くあります。

歯の美白ホワイトニングでどれが一番いい、とは一言では言えません。自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

歯の美白ホワイトニングを選ぶポイントは自分の歯の色の原因であるたばこのヤニや茶渋を除去してほしい場合や、加齢ででてくる黄ばみを落としたい場合などもう歯のクリーニングではどうにもならない場合はホワイトニングも専門家に任せるのが一番。。

普段から毎日ケアしていくと黄ばみや表面の汚れは取れる場合があります。なのでわざわざ歯の美白を意識しなくてもいいのです。

個人的には家庭用のホワイトニング、歯の美白剤はあまりお勧めしません。

歯はちょっとしたことでもトラブルになりやすい場所です。いくら安全のものがあるとはいえそれは使ってみてから大変なことになることもあります。

そしてホワイトニングができるといっても限界があるので、もし本当に歯の美白をしたい、ホワイトニングを知りたいと思うのであれば自分に合ったホワイトニングを歯科に相談するのが一番いいのです。

インプラントとホワイトニング

最高の技術と言われてるインプラントですが、実際にホワイトニングはできるものなのでしょうか?

インプラント自体が人工の歯になっています。しかもかなりの高性能で衰えにくいのです。なので一度インプラントで歯を入れてしまうとその後のケアがよっぽどおかしくなければかなり長持ちします。

さらにインプラントでは材料を白いものにしてしまえば歯を白く変えることができます。そのことからインプラントでホワイトニングできると勘違いしてしまう人が多くいるのかもしれません。

インプラントは歯そのものに入れ替えてしまうことなので黄ばみのある歯をすべて変えることができます。

しかし実際にはホワイトニングの為のインプラントはありません。

インプラントをしたことにより歯が白くなったというだけの話なのです。しかもインプラントでした人工の歯はホワイトニングでは白くはならないのでインプラントとホワイトニングは別なものだと認識してほしいです。

ホワイトニングを本格的に考える人は、他の方法を使ってホワイトニングしていく方が効果的です。

歯の黄ばみを取る方法

黄ばみはものすごく気になります。

たばこを吸ってる人は歯が黄ばみというより茶色に近い色になってる場合が多いです。また、紅茶やコーヒーも歯に黄ばみを付着させてしまいます。

黄ばみをとるのには一番はやはり歯のクリーニングでしょう。

こんなことで歯科に行くなんて馬鹿げてると思う人もいるかもしれませんが歯の黄ばみがとれる事はとても生活の中で大きな事になるでしょう。

今はヤニ取り用の歯磨き粉などもあり歯磨き粉で歯の黄ばみがとれますが研磨剤の粒子が大きいので歯の表面を削ってしまう恐れがあります。

ホワイトニングやハニックDCなど上からかぶせたり、歯の黄ばみを漂白する方法もあります。

歯の黄ばみをとるのに一番確実なのは歯のクリーニングに歯科に行くことです。

PMTCほど大げさなものではありませんが、歯科によって違うようですがだいたい保険適用で2000円くらいで簡単にできそうです。

さらにそこから毎日歯のケアをしていく事で黄ばみがつきにくい歯に変わっていきます。

さらには、重層で歯を磨くと白くなるという人もいます。手身近なもので毎日歯のケアをすると黄ばみが取れてくるので便利です。

他にもホームケアというホワイトニングもありますが、意外に効果を感じない人の方が多いようです。

個人差があるのでなんともいえないのですが、歯の治療も兼ねて歯のクリーニングはいかがですか。

たばこは一番の口の細菌を増やす原因になります。

たばこを吸ってる時点で歯のクリーニングとは切り離せないようになってくるのではないでしょうか。